Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

もう7月ですね♪
早い・・・(´∀`*))ァ’‘,、
本日、熊本は大雨です!!

本日は、深夜酒類提供飲食業について少し紹介します。
深夜酒類提供飲食店とは、深夜(午前0時から日の出時まで)において、お客に酒類を提供して営業する飲食店のことを言います。
バーや居酒屋が深夜0時以降(から日の出まで)の時間帯にお酒を提供したい場合、 予め警察署に届出をしなければいけないのです。
(レストラン、ラーメン店等のように、通常主食と認められる食事を提供して、補助的にお酒を提供しているようなお店は、該当しません)
営業を開始しようとする日の10日前までに提出しなければなりませんし、構造基準などにも要件があります。
例えば、客室内(お客様が座るカウンター席含む)には1mを超え見通しを妨げる設備を設けてはならないことになっており、椅子の背もたれや観葉植物も含まれます。
また、営業所内の照度は20ルクスを超えなければなりません。20ルクス以下に変更できる照度コントローラーの使用も認められないのです。
この他にも、様々な要件がございます。
開業のお手伝いをさせていただいておりますので、お気軽にご相談ください。