Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、行政書士の仕事のごくごく一部をご紹介します。
行政書士って一体何やってるんだろう?と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
行政書士は、「権利義務に関する書類」について、その作成(「代理人」としての作成を含む)及び相談を業の1つとしています。
「権利義務に関する書類」とは、権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類をいいます。
なんだか難しい表現ですが、その文書を作成する ことによって、自分や周りの人たちの権利や義務に何らかの変化が生じる可能性がある文書ということです。
行政書士の仕事は、依頼者から話を聞き、法律にのっとった文書を作成することです。
では、「権利義務に関する書類」とは、具体的にはどういうものでしょうか?
主なものとしては、遺産分割協議書、各種契約書(贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇傭、請負、委任、寄 託、組合、終身定期金、和解)、念書、示談書、協議書、内容証明、告訴状、告発状、嘆願書、請願書、陳情書、上申書、始末書、定款等があります。
上記以外にもたくさんの書類の作成依頼があります。
お悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にお電話ください。