Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

9月中旬となり、過ごしやすい季節になってきましたね。

本日は、離婚公正証書についてのお話です。
離婚協議書は、離婚についての合意内容を文書にして残しておくことを目的として作成します。
口約束では、約束を守ってもらえなかったときに、約束したことを証明できないので、必ず文書として残しておくことをお勧めします。
また、確実に約束を守ってもらいたい・泣き寝入りしたくない・将来、裁判等でお金や時間をかけたくない等と思われる方は、離婚協議書を公正証書として作成しておきましょう。公正証書とは、公証役場の公証人が法律に沿い作成する契約書のことで、将来、約束が守られなかった場合には、強制執行ができるという条文を記載することが出来るので、直接、給与や預金などを差し押さえることが可能になります。
実際に強制執行するかどうかはともかく、相手に約束は守らなければという心理的圧力がかかるようにもなるでしょう。
せっかく協議書を作成したにもかかわらず、いざというときに単なる紙切れだと言われないためにも、公正証書を作成しておくといいですよね。
離婚等でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。