Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は、今日のテーマは、養育費についてです。
当事務所では、離婚相談・書類作成を行っておりますが、お子様のいるご夫婦にとっては、必ず直面するこの養育費について少し書きたいと思います。
養育費とは,子どもを監護・教育するために必要な費用です。親の子どもに 対する養育費の支払義務扶養義務)は、親の生活に余力がなくても自分と同じ水準の生活を保障するという強い義務だと言われています。
急いで離婚したいと思われる方もいるかもしれませんが、養育費は、子どものためのものですから、子どもと離れて暮らすことになる親と子どもとの関係を大事にするためにも、離婚時にきちんと取り決めておくようにしましょう!
新しい生活の始まりからすぐに養育費の支払がスムーズに行われるためには、単なる口約束ではなく離婚協議書や公正証書などの書面を残すべきです。養育費の金額・支払時期・支払期間・支払方法などを具体的に決め,後日その取決めの有無や内容について紛争が生じないように公正証書など、書面として残しておきましょう。
万が一、養育費について取り決めをせずに離婚してしまう ケースもあるかと思います。仮に、「養育費はいらない」といって養育費の請求権 を放棄したとしても、後で事情の変更があった場合には請求できるケースもあります。また,養育費の請求権は子どもの権利でもあるため、親が権利を放棄した としても子ども自身が請求できる場合もあります。
また、離婚と離婚の条件について、概ね合意している場合、家庭裁判所の調停を申立てて、調停委員に意見を聞いてもらって、裁判所が妥当と思う条件で調停を成立させる方法など様々なケースがありますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。