Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、寒いですね。
熊本市内も初雪が降っています。

さて、本日は離婚後の氏についてのお話です。
婚姻によって氏を改めた人は,離婚をする際に旧姓に戻ることも,そのままの氏を名乗ることもできます。何もしなければ結婚前の姓(つまり旧姓)に戻ります。この届け出は,離婚の届け出と同時にすることも 可能なので、離婚を決意するに際しては「氏をどうするか」という問題も決めておくことをお勧めします。なお,届け出先は夫婦の本籍地または届け出人の 所在地の役所になります。
「婚氏続称の届」は,離婚の日から3ヵ月以内とされています。ただし,3ヵ月を過ぎたからといって必ずしも「そのままの氏が名乗れなくなる」ものではありません。仮に,離婚して3ヵ月以上経ってから,結婚していたときの氏を名乗りたいと思った場合は,「氏の変更許可の申立て」(戸籍法107条1項)を家庭裁判所に対して行うことになります。
この氏の変更が認められるためには,やむを得ない事由がなければならないとされており、やむを得ない事由とは,単に気に入らないというだけでは認められず,現在の氏により社会生活上で不利益・不便が生じているなどの事情が必要になります。家庭裁判所への申立は、必要な時間的・労力的な負担がかかりますし、氏の変更が裁判所に許可されない可能性もありますので、離婚時までに氏の選択を行い、婚姻時の氏をそのまま名乗りたいという場合には,期間内に届け出を出しておくべきでしょう。

婚姻により氏を改めなかった人は,離婚後も戸籍に変動はなく,そのままの戸籍にとどまります。これに対して,離婚によって旧姓に戻った人は,原則として婚姻前の戸籍に戻ります(これを「復籍」といいます)。婚姻前の戸籍から父母が別戸籍へ転籍している場合には,その転籍後の戸籍に入ることになります。
また、子どもの氏についてですが、父母が離婚しても、子どもの氏は当然には変更されません。離婚によって子どもの親権者が旧姓に戻っても、子どもの氏が変わるわけではありません。そのため,母親が親権者であり旧姓に戻った場合には,親権者である母親と子どもの氏が異なるということになります。子どもの戸籍については,何らかの手続をしなければ従前のままであり,自動的に親権者である親の戸籍に移動することはないのです。
また,子どもと親の氏が異なる場合,子どもは親の戸籍に入ることもできません。そのため,婚姻により氏を改めた者が子どもの親権者になった場合には,子どもに自分と同じ氏を名乗らせない限り,自分と同じ戸籍に入れることはできないのです。よって,婚姻によって氏を改めた親が親権者となり,子どもを自分の戸籍に入れたい場合には,家庭裁判所に対して「子の氏の変更許可(民法791条)」を申し立てて,子どもの氏を自分の氏と同じにする必要があるのです。

離婚時には、心身ともに負担がかかり、不安もたくさんあるものですから、是非お気軽にご相談いただきたいと思います。